紫陽花が美しく雨に濡れる季節となりました。

6月5日(日)、富士山が一望出来る伊豆下田沖での海洋自然葬(散骨)を行いました。ご依頼者は、乳児まで含めると15名という大人数の開催となりました。曇天ではありましたが、風は殆どなく波も穏やかで安堵いたしました。

CIMG3071

下田港を出港してから約20分で予定の海域に到着し、ご親族の代表者のご挨拶をいただいて、乳幼児に至るまでの15名全員が瑠璃色の海にご遺骨をお還し致しました。専用の水溶紙袋に入った粉末化されたご遺骨が、白く海に溶けだす状況は本当に感動的でした。

CIMG3076

CIMG3063

下田港に寄港して、全員で記念撮影をして全てが無事に終了致しました。

本当に、良かったです。有り難うございました!』の言葉が印象的でした。

 

限りあるときを輝いて! オリジン研究所