今まで約14年に亘り積み上げて来た、海洋自然葬(散骨)の貴重な体験を10項目に纏めました。その時々にお客様から頂いたご意見や感じたことの集大成で、誰も真似が出来ないレベルに引き上げたいと願っています。海洋自然葬(散骨)を人生の究極の大切な選択肢と考えられる皆様は、どうかご参考にしていただければ誠に幸甚です。

それを、『オリジン流散骨』と名付け、お客様には心からご満足をしていただける、どこにもない海洋自然葬(散骨)としては催行したいと考えております。

オリジン流散骨・10大特徴

1.こだわりのご遺骨粉末化

創業の当初は、単純に特別な粉砕機でご遺骨を粉末化することを考えていました。しかし、深く考えてみれば、この仕事では、自分は決して効率化や作業の軽減化を望んでいるわけではないことに気が付きました。そこで、故人になられた方の人生に想いを巡らせながら、最も心を込めて、自分も深く納得が出来る方法は何かを考えることになりました。いろいろな方法を試みて悩み抜いた結果として最後に辿り着いた方法が、労力や心のハードルを幾つも超える必要がありましたが、最も素朴で単純な方法でした。それは、擂鉢と擂粉木棒で自身の力のみで時間を惜しまずに粉末化するというもの。この方法を採用することにより、ご希望の多いお客様のご自宅で【こだわりのご遺骨出張粉末化】を実施することも可能となりました。そして、どこにもないサービスとして、この【こだわりのご遺骨出張粉末化】もメインメニューに加えています。今では、海洋自然葬(散骨)のご依頼があれば、心を込めて全てこの方法で対応させていただいております。

2.オリジンブレイクの採用と運用

故人となられた方のことを、心の奥底からゆったりと思い起こす機会が少ないのが我々の日常ではないでしょうか。日々の生活を優先し、大切だと思いつつも本質的な話題を避けて、気が付いたら故人となっていた。こんなことを思うにつけ、海洋自然葬(散骨)を実施するときにこそ、心静かに故人の人生に想いを巡らせることが必要ではないでしょうか。オリジン研究所では、たとえ短い時間であってもこの【オリジンブレイク】の実施をご提案しております。何も語らずとも良し、思い出を語り合うのも良し。何も決まりごとはありませんが、心の赴くままにゆったりと過ごされることを願っております。

3.完全オーダー実施プログラムの作成(国内&国外)

海洋自然葬(散骨)は、やり直しの利かない、たった一度の特別行事だと考えております。ご依頼者とは、遠方の方でも直接お会いすることを原則としております。その場で、詳細なご希望やご質問をお聞きして、何処にもない完全オーダー実施プログラムを作成させていただくことにしております。

4.お客様との直接面談の実施

お客様とは直接お会いして、詳細なご希望や状況をお尋ねしてすることを大原則としています。お会いすることにより、より信頼感が醸成され質の高い海洋自然葬(散骨)が実施できると考えております。

5.海洋自然葬(散骨)実施海域のリクエスト対応力

お客様のご希望される海洋自然葬(散骨)の実施海域は、実に様々です。国内であれば、特殊な場所を除いて、全国のあらゆる海域で対応が可能となっております。但し、ご希望海域によっては、クルーザーをチャーターできない場合があります。その際は、遊覧船や安定感の高い平底の乗り合い用釣り船のチャーターで対応させていただきます。ホームページに掲載のない海域をご希望される場合も、どうかお気軽にお問合せください。無料にて、お見積りをさせていただきます。

また、海外での海洋自然葬(散骨)は、ホームページに掲載のない海域をご希望される場合でも、ご希望の実施日が3ヵ月以上先であれば基本的に対応は可能です。諦めずに、どうかオリジン研究所にお気軽にお申し付けください。心を込めて対応させていただきます。

6.海洋自然葬(散骨)の実況中継実施

海洋自然葬(散骨)の実施日には、どうしても参加できない。身体が不自由で参加できない。遠隔地に住んでいるので、参加は難しい。そんな皆様からのご要望があれば、オリジン研究所では、追加料金20,000円で、スカイプやラインあるいはメッセンジャーなどによる実況中継を実施することが出来ます。ただし、特に海外では、海洋自然葬(散骨)の実施海域や当日の海の状況により実況中継が実施できない場合がありますので、予めご了解ください。これらのことは、お客様との面談の場で、事前に詳細なご確認させていただきます。

7.ドローンによる空撮実施

今では、ドローンによる空中撮影も当たり前の時代を迎えております。オリジン研究所では、早い時期から実施の検討を重ねて参りました。大半がクルーザーからの海洋自然葬(散骨)の実施であるため、大きなうねりや強風のある場合には技術的な困難が伴いますが、基本的には撮影は可能です。また、海外での海洋自然葬(散骨)の実施に際しても同様の状況です。ドローによる空撮は、30,000円(+税)~お受けいたします。これらのことは、お客様との面談の場で、事前に詳細なご確認をさせていただきます。

《グレートバリアリーフのど真ん中にあるサンディケイのドローン空撮です。》

8.記念DVDの作成

お客様のご了解を得て、海洋自然葬(散骨)風景を写真や動画の撮影をさせていただきます。海洋自然葬(散骨)実施後に、それらのデータをDVDにコピーをしてお渡しを致します。この撮影料やDVDへのコピー代は、海洋自然葬(散骨)実施代金に含まれております。

9.海洋自然葬実施証明書の作成

海洋自然葬(散骨)実施後に、実施海域の緯度や経度、運行責任者のサイン、実施風景、実施場所の概略図などを記入した海洋自然葬実施証明書】を作成いたします。

10.自然環境に配慮した海洋自然葬(散骨)の実施

大切なご遺骨は、環境に優しい水溶性の専用袋にお入れして海にお環し致します。海にお環しすると、約5秒位で水溶性の袋が溶けだして、粉末化されたご遺骨が海に白い軌跡を描いて溶けだして行きます。最後まで見届けていただければ、誠に幸甚です。また、ご遺骨と一緒にお環しをする献花は、環境に少しでも負荷をかけないためにも、花弁のみを使用することを原則としております。特に、パラオ共和国では、世界複合自然遺産のロックアイランドに行く際には【環境税】が必要です。オリジン研究所では、海洋自然葬(散骨)代金にこれらも含まれておりますので、どうかご安心ください。

 

限りあるときを輝いて! オリジン研究所